Make your own free website on Tripod.com

DORAYAKIN

the Deepest Shade of DORAEMON
990414

 

(もうヒューマニズムには飽き飽きした)

「ドラえもん」をギャグ漫画として復権せしめよ

 

...我々「ドラや菌」の主張はそれだけだ。

F先生亡き後、「ドラえもん」は夢と友情と感動のマンガとされる
傾向が強くなっている。
特に作者と同世代の人間(20代後半)に顕著だ。
まあ確かに泣かせる話は少なくない。勇気づけられた思い出もなくはない。
だが我々がはじめて「ドラえもん」に接した時、それは果たして夢と友情の
マンガであったか。説教臭い教訓話であったか。否、ギャグであった
しかも「日本一のおもしろマンガ」(コロコロ)であった!
少なくとも私にとって、「ドラえもん」は
この上なくファンキーかつアナーキーなギャグマンガであり、
のび太たちにとっての「ドタバタ君」に匹敵するものであった。
それがすべてであり、本質である、とは言わない。
しかし誰もが「夢のある」漫画としてしか「ドラえもん」を語らないならば、
微力ながら私がその暗黒面の語り部となる他ないだろうと思うのだ。
誤解を恐れずに言えば、
これは「ドラえもん」をA先生の視線で読み解く試みである。
さあ、もう前置きはいいだろう。
下のキノコ雲を通じて「ドラえもん」の笑いの世界を覗いてみたまえ。
私が幼少時から今に至るまで、腹をかかえて笑い続けてきた
珠玉のギャグがそこにある。

 

<今回のビジタープレゼント>

 

 

ご意見、ご感想、ミラーサイト建設の申しこみ:-) は
下のボタンから。